メインメニュー
検索

切り抜き詳細

発行日時
2018/2/14 9:55
見出し
第63回禅フロンティア「醫(医学)劔(剣道)宗(宗教)一途と人の道」のご案内
リンクURL
http://keiyo.ningenzen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=225 第63回禅フロンティア「醫(医学)劔(剣道)宗(宗教)一途と人の道」のご案内への外部リンク
記事詳細
H30.3.17 第63回禅フロンティア 醫(医学)劔(剣道)宗(宗教)一途と人の道 小川忠太郎範士のかかりつけ医が語る養生法とは   「医学の父」「医聖」と呼ばれるヒポクラテスは「生命は短く、技術は長い。機会は去りやすく、経験はだまされやすく、判断は難しい」との箴言を残している。 今回の禅フロンティアは、剣禅悟達の小川忠太郎範士(無得庵刀耕老居士)宅のかかりつけ医として最晩年まで付き添った医師であり剣道の弟子でもある伊藤元明氏を講師にお迎えして開催します。 伊藤氏は、医学と剣道と宗教の相関性(三角形)を一途に求めた師父京逸博士の薫陶を受けて世田谷区豪徳寺の躋寿堂で幼少の頃より剣道を愛好し、世界中で愛読されている『五輪書』を英訳したビクター・ハリス氏(元大英博物館日本部長)とも親交を持ち、また東京都剣道連盟会長、全日本医師剣道連盟会長として剣道の普及発展に多大な貢献をされています。さらに祖父金逸博士が創見した、イトオテルミー療法(温熱刺激療法)を継ぎ、自然治癒力を研究されています。京逸博士と金逸博士は二人とも得度され、釈頼胤と釈頼音と号されました。 「人は死に向かって成長し、生を完結するものである」という一語を目標に、生涯剣道の道を歩まれています。  貝原益軒が著した『養生訓』、オジギソウが語るもの、ヒポクラテスの養生法とは。そして91歳で亡くなる直前まで数息観を続けた小川先生の晩年の知られざる姿を語っていただきます。医学博士の慈愛あふるる言葉をぜひ傾聴いただきたいと思います。 フォーラムの後は、座禅の時間も設けてあります。人間禅の師家(老師)に直接「禅の話」を聞く時間も用意してありますので、関心のある方はご参加ください。   *伊藤元明〔いとう・もとあき〕氏 医学博士 昭和11年東京都生まれ。東京医科大学外科学大学院卒業。同大学胸部外科学教室の助手を経て、慶應義塾大学医学部放射線医学教室にて移植免疫学を研究。同教室の講師を経て、琉球大学助教授、東海大学助教授、杏林大学客員教授、東京都剣道連盟会長、全日本医師剣道連盟会長を歴任。現在、聖イトオテルミー学院 学院長。浄土真宗出雲路派毫摂寺(福井県武生市)で得度し、釈元明(しゃく・げんみょう)の号を授かる。   【日時】平成30年3月17日(土)※参加はどこからでも。出入りもOKです。 午後2:00        受 付 午後2:30~4:15  フォーラム 午後4:30~6:00  座 禅(老師と面談の時間もあります) 【費用】 2,000円 【場所】 人間禅擇木道場 日暮里駅南口徒歩3分 〒110-0001 東京都台東区谷中7-10-10 TEL:03‐3823‐7647 FAX:03-5815-5921 【連絡先】ホームページ zenfrontier.org からお申し込み願います。お気軽にご質問くださいませ。 人間禅中央支部長 大谷竜穏 携帯 080-4169-7552 PCアドレス aotani@kki.biglobe.ne.jp       担当 張替剣外 携帯 090-6313-5131 PCアドレス kengai1372@yahoo.co.jp  
Copyright © 人間禅西東京支部 2007-2013