東京・八王子で座禅の体験 人間禅 八王子禅道場 - ブログカテゴリのエントリ
メインメニュー
検索
  • カテゴリ ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - ブログカテゴリのエントリ

座禅は、足を組んで、背筋を伸ばし、数息観法をします。
数息観法は、自分の自然の呼吸を数えて集中力、三昧力を養う東洋の三千年来の心を磨く観法です。
これは、吸う息吐く息で、ひとーつ、ふたーつと数えて行き、息を数えること以外のことは考えない。何か雑念が入ったらまた一からやり直す。これを毎日30分以上続けると、集中力、三昧力が着実につきます。
三昧力が身に付いてくると、今やろうとすること・今やらなければならないことに、躊躇なく直ぐ取り掛かれるようになれます。
これは当たり前のように思われるかも知れませんが、自分の若い頃からの経験・反省でもそうですが、これがなかなかできていない。
勉強とか仕事とかのみならず日常の雑務を、それが興味あるかどうかにかかわらず、またしんどいこととか面白くないことでもやらねばならないことであれば何でもさっと躊躇なく取りかかることは、なかなかできていないのです。
 
こういう乗りが悪い心理状態に引きずられることなく、それを意識する前にすぐ取り掛かれることも三昧に裏付けられた人間力の一つであります。すなわち三昧が身に付いてくると、何事に対しても常に躊躇なく直ぐ取りかかれるという体制が準備できているということであります。
 
 これが座禅の効用のひとつです。受験生の学習態度や、もっと一般的に大人の仕事力に、座禅の行を基盤にした「人間形成の禅」は素晴らしい効果を発揮します。
あなたも座禅を一度やってみませんか?
                     葆光庵丸川春潭総裁老師





 












                              

第74回西東京支部摂心に参加して

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2014/6/8 6:42

 此度の摂心で道号を拝受致しました。水大級の境涯としての『翠珠(すいしゅ)』です。今までのものはいわばプロローグのようなもの。これから本当に禅者としての人生の始まりです。まぁ、いい加減長時間の座禅での痺れは慣れでなくしていきたいですね!禅という一つの宗教思想は『己事究明』が一つの眼目。つまり、自己の求道の姿勢がそのまま他への伝道につながるワケに御座います。(「雲水日記」 佐藤義英 禅文化研究所より) 私は『自分を完成させてから他者を救える』と捉えております。そこまでの境地に達するのは長い年月がかかりそう。自分のなすべきことをこなしながら頑張ると致しましょうか。以上、中央大学五葉会にて委員長を務める者の感想でした。
 
  翠珠







 












                              
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (410)

 これから磨甎庵白田劫石老師の講演録「人身得ること難し」を掲載することにしました。
 磨甎庵老師様は、平成21年94歳で亡くなられましたが、一生現役とされ、最後まで学人を相手に、厳しく導いてくださいました。
 この講演録は、ある企業で行われたもので、市販されてはいません。
道場で売られたもので、購入してから私は、バイブルのように持ち歩いてきました。これから少しずつ、紹介させていただこうと思っています。合掌
紫光拝
                 
「はじめに」
 座禅というものは、元来、言葉で言うよりも、むしろ、日常の実行が大切であり、一つ一つの事柄、一日一日の行というのを、その人がどういうふうにやっているか、ということが実は問題なのであり、言葉でうまく言うとか、そういうことよりも、実はその人の行を見て頂くということが本筋だと思うのです。あまり禅では言葉をもって色々語らない。
 しかし、最近のような情報化社会では、なかなかそういうことを言っても良く分からない人が出てきております。そこで、止むなく言葉を使って色々と申しあげますが、初めに、そういう基本的な物の考え方を、一つご理解願いたいと思います。






 












                              

座禅会の会室を訪ねて

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2014/6/6 19:07

 最近、八王子に行く機会が多くなった。小生の座禅の本拠地が八王子に変わったためである。
5月中旬、八王子駅前クリエイトホールで、西東京支部主催の座禅会に参加した。(通常は禅東院が多い。)
その後、中央大学公認サークルで、伝統のある五葉会(座禅の会)の会室を訪れた。日曜日のため、会室に入れないのは承知していた。
会室はいかにも学生の会室らしい、雰囲気の処にあった。
4号館サークル棟4405号室である。
初めて行くため、1階で一人の学生に聞き、また別な処で尋ねた。
二人の学生(一人は女性)とも、重いバッグを持って階段を上る小生を見かねて、“お持ちしましょう”と、親切に声をかけて下さった。
親切な一言に驚いた。意外だった。
とかく、「いまどきの若者は」という事を耳にする。
こういう学生なら、もっと五葉会に来て座禅をする筈だと思った。
(少し甘い?)
とにかく、スカッとした気持ちになった。
そして、これからは「いまどきの大人は」と。
小生も反省しつつ、佳い日を送ることができた。
円定

                    
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (405)

坐る目的

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2014/6/5 12:47

生活即修行。摂心という特別な機会を期せずとも、仕事で溜め込んだ疲労をリセットし雑念と向き合う。日常に密着したスイッチコントロールの手段としての地道な座禅こそが、「坐」の主な役割と考える。合掌
白陽拝






 












                              
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (378)

第74回西東京支部摂心会 感想

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2014/6/4 9:25

西東京支部の第74回摂心会の片づけ作務を終え、大愚副支部長と二人で会食兼反省会をした。
4日間の座禅と作務に明け暮れた後のこの時間は実に心地よく有意義であった。
近々温泉行も約束して深夜のドライブ気分で帰路に就いた。(26・6・3)
合掌 宗應 拝









 












                              
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (365)

第74回西東京支部摂心会 感想

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2014/6/3 12:31
 
今回の摂心座禅会、初めて二階本堂での修行でしたが、連日の猛暑、全く感じないほど涼しい風が吹き抜け、気持ちよく座れました。これならこれから暑い日を迎えても、心地よく座れそうですね。朝、夜座も気持ちいいです。
大石如法







                              
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (424)

第74回西東京支部摂心会に参加して

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2014/6/2 7:33
 昨日、西東京支部摂心会が終わった。西東京支部は人数が少なく、一人が何役もやらなければならない。私は典座(食事係)と殿司(時を告げる係)で、走り回った。他支部の方が多く参加され、ベテランが抜けたところを補ってくれた。居士禅の凄さを知る。掃除一つ見ても、活き活き丁寧、あっという間に綺麗になっていく。動中の工夫の作務で凄い働きをされるから、それこそ静中の工夫の座禅では、居眠り座禅などとんでもない、座禅三昧をされているだろう。
 座禅の修行は、生易しいものではないないが、堅苦しいコミュニティではない。ユーモア心旺盛、人間味あふれる人達だ。豊かな心を目指したい。
 人間禅は、幅広い年齢層。老いも若きも世代を超えて共に歩む有難さを感じる。
 帰り道は、中央大五葉会の男子・女子と共にした。二人とも個性豊か。楽しかった。若い方達、これからも西東京支部の行事に参加してもらいたい。
 次回の摂心会は、7月17日(木)から21日(月)まで。是非ご参加下さい。
加藤紫光拝









                              
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (462)

第74回西東京支部摂心会のお知らせ

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2014/5/24 11:05

八王子の街中にありますが、静かな禅東院で、閑かに自分を見つめて座ってみませんか。初心者の方大歓迎、出入り自由、いつからでも、1日参加でもできます。女性の方も女性用の禅子寮があり、安心して宿泊できます。座禅用のゆったりした服、作務(動中の工夫・草取り等)用の、少し汚れても構わない服をご持参下さい。静座だけでもOK。

担当師家の葆光庵老師は、学生時代から人間禅で修行され、住友金属工業に入社され、研究開発のお仕事もされていたそうで、最近も「科学者と禅」の講演も、日暮里の擇木道場でされました。老師は若い頃、和歌山で支部を創られ、鹿島へ転勤になったら、今度は潮来でも坂東支部を創られました。私は学生の頃、出来たばかりの坂東摂心へ行き、厳しいけれど楽しく懐かしい思い出が沢山あります。今年度から、私の所属している八王子禅東院の西東京支部の担当師家になられたので、今から楽しみです。

座禅をすると効果はありますが、一人で座るだけより、老師が指導してくださる参禅弁道をされれば、一層禅の深さを体験できます。この機会に、是非参禅体験をなさってください。

日時 5月29日(木)~6月1日(日)
場所 八王子市中町 17-1
師家 葆光庵丸川春潭老師
参加費 2000円
食事1食 300円
布団代 500円
懇親会費 1000円
お問い合わせ先 070-5370-5462 大石如法
           090-9838-6457 松田大愚










                              

水曜静坐会報告(4月16日)

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2014/4/17 0:51

参加者 KYさん WMさん IHさん SNさん THさん TSさん 大石如法 松田大愚 加藤紫光の9名
 
禅東院へ着くと、WMさんが同じ会社のTSさんを連れて来られ、静坐の仕方を教えていらっしゃいました。THさんは、グルジアへ2年仕事で行かれ、静坐会は今日で終わりでした。グルジアでの活躍が期待されます。豊前支部の支部長・奥家黙翁さんが、西東京支部20周年記念品のお礼として、美味しいもなかをくださり、皆でいただきました。合掌
加藤紫光







                              
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (552)
Copyright © 人間禅西東京支部 2007-2013