メインメニュー
検索

ブログ - 「人間」になる日   松田大愚

「人間」になる日   松田大愚

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2019/4/28 15:20
ずっと子どもの頃、よく、庭の草取りをする父の背中があった。
ただ、もくもくと、一本一本、黙って、草を抜く父。
当時は、こんなに退屈な作業なのに、
なぜ父が、無心に草をとるのか、さっぱり分からなかった。
少し大きくなると、屁理屈をこねて、
「時間の無駄じゃないの?」と、
草を取ること自体、面倒臭がって、
生意気に批判したりもした。
父はただ、黙って、汗をかき、草を抜く。
一本、一本、抜かれた草は、山になっている。
「本当の「人間」に、ならんといかん…」
当時の父の、誰知らずともつぶやく言葉が、
なぜか耳に残り、その後、経験を重ねていく自分の、
人生への「問い」へと育っていく。
「本当の「人間」とは、何なのか…」
「自分は、本当は、どう生きるべきなのか…」
やがて…。
その「問い」に引き寄せられた、
一つずつの、確かなご縁に導かれて、
私も同じ、禅の道へと入ることになる…。
だんだんと見えてくる、
父と同じ、景色。
一本抜けば、一本の分だけ、
確かに、綺麗になる。
目の前の、この場所も、まさにそうだし、
己の心の内も、また然り。
一本、一本。
今、この瞬間に、全身を打ち込む。
一本、一本に、本当の「心」を込める。
抜いても、抜いても、
煩悩の草木は、きりがない。
抜いても、抜いても。
抜いても、抜いても。
その「心」こそが、本当に尊いことを知るのは、
ずっと大人になってからのこと…。
私たちが「人間」になる道に、
近道は、存在しない。
まっすぐ。一直線に。
己に対して、真剣に「骨を折る」その先に、
私たちは、初めて、
ずっと、生まれる前からそこにあった、
本当の「宝物」を、見つけるのだ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (95)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hachioji.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/643
Copyright © 人間禅西東京支部 2007-2013