メインメニュー
検索

ブログ - 一泊集中打座会、夕食夜話会のご案内(10月20、21日)   古江龍巖

一泊集中打座会、夕食夜話会のご案内(10月20、21日)   古江龍巖

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2018/10/14 10:13
八王子座禅会の古江です。
相変わらずの寒暖差ではありますが、
座禅会が始まる夕方頃はいつでも涼しく、座禅にぴったりの季節となって参りました。
毎週の座禅会に参加すると、
禅東院さんのお庭の木々が色づいていく様子も見ることができます。

さて今回は、来週の土日に行う一泊集中打座会、夕食夜話会のご案内です。

【10月20,21日の行事ご案内】

○夜話会のご案内です。
20日(土曜日)の19時ごろから、夕食懇親会、「夜話会」を行います。
いつもは修行仲間として一緒に座っている皆さま方と
お酒とお料理を頂きながらお互いに自由に交流し合う夕食会です。
最近新しく来始めたという方も、ベテランの方も、どうぞお気軽にご参加ください。
素敵な出会いや素敵なお話が聞けまして、ぼくもいつも楽しみにさせて頂いております。
前回同樣、中央大学の座禅サークル五葉会の学生さんたちも参加予定です。
「座禅」という、あまり一般的とは言えない道を求めて集った方々は、
ユニークで様々なバックグラウンドをもった方ばかりで、
とてもおもしろいです。
前から話したかった人をつかまえて話すのもよし、
ひとりでしずかに庭をみながらお酒を飲むのもよしの、
自由な会ですので、ぜひご気軽にご参加くださいませ。
早朝の座禅付きで宿泊もできますので、お車の方もぜひ。

○一泊集中打座会のご案内です。
夜話会に合わせまして、一泊集中打座会も開催致します。
「打座会」と名前を変えさせていただきましたが、
「ひたすら座禅に打ち込む」といった印象が強くなりそうだとぼくが思っただけで、以前からの一泊集中座禅会と内容は同じです。

一泊集中打座会は、参禅や作務などはせずにとにかく長く座り込むという会です。
できれば毎日、細く長く座ることも大切ですが、
その一方で集中的に座禅に徹してみることも、とても良い修行になります。
思いがけず、自分の壁を破って自由快活な心持ちになれるかもしれません。
またいつもより長く、集中して座りますと、次第に深く深く心が澄んで落ち着いて行きます。
座禅の効果は一日経つとだいぶ薄れてしまうと言われていますから、集中的に座ってみることで、もう一段、座禅を深めることができるチャンスです!
毎週の2セットの座禅に慣れてきたという方、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。
?
土曜日の14時30分から、45分×4回ほど座禅をします。
日曜日は朝6時半から9時前まで座禅をし、
お時間のある方はその後クリエイトホールでの座禅会に向かい12時半ごろまで更に座りこみましょう!

途中参加、途中休憩など、自由ですのでご自分のペースで少しでも長く座禅をしていただけらと思います。
?
また今回は、土曜日の18時ごろから、
仏道修行を行じる上での4つの誓いである「四弘誓願」について、
老師の書かれた資料を読みながら感想をすこし話し合う輪読会を、
45分ほど行いたいと思います。
みなさま方の座禅の修行が、また新鮮なものになるきっかけとなれば嬉しく思います。

【参加費】
座禅会のみ:一日300円
夜話会と座禅会:合計2000円(学生&主婦(夫)は1000円)
懇親会、座禅会、一泊:合計2000円(学生&主婦(夫)は1000円)
懇親会なしで宿泊のみ:1000円
?
となります。
?
【スケジュール】
●20日 土曜日
14:30 座禅開始(45分おきに休憩)
18:00 「四弘誓願とその展開」輪読
18:45ごろ みんなで夜話会準備(キムチ鍋とおつまみ予定)
        準備でき次第、開始
21:30 ごろ    片付け・銭湯・随時就寝
?
●21日 日曜日
 06:00 起床
 06:30 座禅開始(45分おきに休憩)
 08:30 朝食(当日のメンバーでどうするか相談。食費は各自)
 09:00 解散、希望者はクリエイトホールでの座禅会へ。(12:30ごろまで)
?

?
【今後の摂心会修行・一泊参禅会の日程】

12月5日(水)から9日(日)まで。
1月30日(水)から2月3日(日)まで。

老師のいらっしゃる一泊参禅会は11月17,18日にございます。

寒暖差の激しさはしばらく続きそうです。
どうぞお身体ご自愛くださいませ。

みなさまと座禅をご一緒できますのを楽しみにしております。
合掌 八王子座禅会 古江 翼 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (86)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hachioji.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/616
Copyright © 人間禅西東京支部 2007-2013