メインメニュー
検索

ブログ - 禅を志す方へ(2)   鸞膠庵小野円定老師

禅を志す方へ(2)   鸞膠庵小野円定老師

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2018/9/24 15:48
Ⅲ なぜ「心の根源」を求めるのか

●人の心は誰でも、生まれたときは平等で混じりけがなく純心そのものです。ところが、成長するにつれて、それぞれの置かれた環境や状況に強く影響を受け、知らず知らずに自己体験が心に蓄積され、形づくられていきます。そして、我見が生じ、予期しないあらぬ方向に向かってしまうこともあります。又、それぞれに迷い、悩み苦しめられることも、しばしば経験することです。

●禅の修行の目的は、座禅工夫を通じて、その湧いてくる感情の根底を尽くし、「心の根源」を明らかにする。長い間の業障のために忘れかけていた、生まれたときの純粋な心を取り戻す。そして、その後の修行によって、その心を鍛え磨き、自分の思うように自由自在に使いこなし、いかなる予期しない境遇に遭遇しても、揺るぎのない自己を形成し、納得した人生を送ることにあります。
≪関山国師≫ (妙心寺開祖)
国師の遺偈 『汝(なんじ)等(ら) 請う、 其の「本(もと)」(心の根源)を務(つと)めよ。(省略)葉を摘(つ)み、枝を尋(たず)ぬること莫(なか)れ。』
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (49)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hachioji.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/613
Copyright © 人間禅西東京支部 2007-2013