メインメニュー
検索

ブログ - 世界一のパワースポットセドナを訪れて(6)   小倉霊亀

世界一のパワースポットセドナを訪れて(6)   小倉霊亀

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2018/5/3 21:24
アメリカはグランドキャニオンやザイオンなど、冒険のおもいっきり楽しい場所を回った。
日本人はどうしてもツアー客ばかりだ。それは正直もったいない。
ザイオンで川を登る遊びがある。ツアーはその入り口までくるけど、濡れて実際に登っていくのはこれからだ。
日本人は登っていくべきだ。毎日仕事を遅くまでしている意味はどうしてなの?自分もそこから先に行って本当に遊ぶのに
最近慣れてなかった。アメリカのアリゾナは広い、北海道の100倍くらいは広い。広く何もないこといがアメリカ人の
安心となり、パワーだ。土地にはパワーがある。空間にも。
禅ってそういうものでしょ、本来。無にはパワーみなぎっているんだよ。躊躇なしにそのパワーをつかみ取り、味わって人生をおえたいね。
アメリカ人は、禅以前にその空間にそもそも居て、元々パワーあるんだよね。体も違う歩き続ける体格だよ。アメリカ開拓時代があったけど
DNAに刻まれているね。じゃ日本人どうなのってことになるけど、日本は世界一のおもてなし国だわ、良い意味で。
アメリカ人は他人に関心をそれほど向けていない気がする。
アジア人は自分が可愛いと感じているのかな?でもある意味
村社会なんだよね、自分で窮屈にして、型にはまってしまっている。
こんな奴隷のような生き方は今後自分はもうしたくないと思った。
それにはやっぱり業と言われる修行が必要なんだな。あっという間に世間に飲み込まれちまう。
100人中自分一人でNOと言わなくてはならない。今までの日本人でいては自己実現は不可能に近い。
自分を解放し、早く自分に納得しそれでこそ他人に対して優しくなり日本人らしさもできるものだ。
伝統やしきたりで、腐った空洞の木になっちゃっているんだよ、また一から順に人作りをしていくしか
この国に道はない。あたりまえだけど、アメリカ旅行をしてきたからやっと見えてきた。
時には解放して、遊んでこないと。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (108)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hachioji.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/587
Copyright © 人間禅西東京支部 2007-2013