メインメニュー
検索

ブログ - はじめての方へ(座禅のご案内)(6)   鸞膠庵小野円定老師

はじめての方へ(座禅のご案内)(6)   鸞膠庵小野円定老師

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
八王子支部 2017/8/20 8:12
Ⅵ 座     禅
1 歴    史
1) 仏   教
仏教はお釈迦様に始まります。お釈迦様は2千5百年前、インドの王子として生まれました。29才のとき、生老病死(人生の苦悩)を解決するためこの道を求められました。6年間、難行苦行の苦しい修行を行いましたが、この方法で安心を得ることはできませんでした。
とうとう今まで受けていた教えを一切捨てて、菩提樹の下で静かに座禅を組み、そして、大悟されました。これが仏教の始まりです。

2) 禅   宗
その後、仏教は各宗派に分かれました。お釈迦様が亡くなられてから千年後、紀元六世紀、達磨大師がインドから中国に禅宗を伝えられました。ですから禅宗は達磨大師より始まります。達磨大師はお釈迦様より数えて、第二十八世に当られる方です。

3) 日本臨済宗
禅宗も各宗派に分かれましたが、その中の一つ臨済宗は鎌倉時代、南浦紹明禅師(後の大応国師)が中国へ渡り、日本に伝えられました。その後、大燈国師、関山国師、そして白隠禅師へと代々受け継がれ今日に至っております。私たちはこの由緒正しい伝法を引き継いでおります。
2 悟    り
1) お釈迦様の悟り
「一仏成道して法界を観見すれば、山川草木悉皆成仏」
悟りを開いた眼をもってこの世界を見渡せば、存在するあらゆるものは、皆、仏性を具えていた。

  2) 達磨大師の教え
「直指人心 見性成仏」
直に自己の心を指して、本心本性(心の根源)を徹見して仏に成る。
人心(にんしん)とは、楽しい・悲しい・憎い・可愛いい等々の日常起る心の感情のこと。この人心の元(本心本性)をしっかり手に入れるということです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (90)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hachioji.ningenzen.jp/modules/d3blog/tb.php/535
Copyright © 人間禅西東京支部 2007-2013